MENU

実は超エリート弁護士の本村 健太郎さん

行列のできる相談所にレギュラー的に出演している本村 健太郎弁護士が、気楽な民法の別番組で、弁護士についていろいろ語っていて、とても面白かったです。

 

本村 健太郎弁護士が東大の法学部卒で、現実の法曹界では敏腕弁護士だという話を聞いてびっくりしました。日頃からTVでキャラがとても庶民的で、お笑いでもできそうなアクションをしているので、そういう超エリート弁護士とは思いませんでした。髪型がまたユニークです。そういう意味では、なかなか人と接するコツを知っている大した人なのかもしれません。

 

まずびっくりしたのは、弁護士の26%ほどが年収200万以下で、500万以下が40数%だということです。稼ぎの多い職業は医師と弁護士という神話は、実はすでになくなっているようです。しかもとても劇的に。その原因は、小泉首相がとった法律家増強計画だということです。ロースクールとか法科大学院というような制度が出たころから、何かがおかしくなっているのでしょう。

 

それでも50%くらいの弁護士は1000万以上の高年収があり、やはり面目躍如の感じはしました。現代では収入差が激しい世界だと思いました。

 

また弁護士は女遊びをするという通念について話を振られたとき、「その話はどこから出たのか。」と聞き返し、八代弁護士から聞いたと知ると、木村弁護士が、「男前だし、一番遊んでいるのは八代弁護士なんだよ。だからそんなこと言うんだ。」と言って笑わせていました。まあ、八代弁護士はとてもまじめに見えるので、それを信じる人はいないとは思いますが。このお2人の弁護士は同期らしく、プライベートでも仲が良いようです。

 

最近は、弁護士さん方がTVの色々な番組で楽しく顔を出しているので、弁護士の人柄や私生活などもいろいろ分かって、なかなか良いです。堅苦しいイメージだった弁護士というものが、とても身近に感じられるようになりました。弁護士の世界の仕事にも良い影響を与えていると思います。