MENU

ストレスの溜まる債務整理の手続は弁護士に頼むのが一番

債務整理には任意整理手続き、自己破産・免責手続き、個人再生手続き、過払い金返還請求があります。これらの手続きは借り手自身でもできますが、専門的法律の知識が必要で弁護士に依頼した方が無難です。弁護士に依頼するなら全国各地域に対応した債務整理バンクがおすすめですよ。

 

依頼を受任した弁護士が貸金業者へ受任通知をだすと、貸金業者が債務者に直接取り立てをすることが禁じられています。貸金業者からの取り立てがなくなれば、大きな負担から解放されます。

 

弁護士への依頼での最大のメリットは督促が止まるということです。そして専門家が最善の解決策を考え、実行されるという安心感があります。
大きなメリットがあり最良の方法であるということがわかっていても、気になるのは費用の事です。まず弁護士会の法律相談に行き、弁護士を紹介してもらいましょう。費用は分割払いや成功報酬というアレンジもあります。

 

東京には東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会があります。弁護士は専門分野を持っているので、債務整理の得意な弁護士を紹介してくれます。
公的な相談機関に法テラスの愛称で知られるの本司法支援センターがあります。資力のない国民への法律補助も活動に入っていますので、相談しに行くと良いでしょう。いきなり法律事務所へ行くというのも敷居が高いので、法テラスに相談すというのも良い方法です。

 

小さな借金を重ねて、気が付いたら雪だるまのように増えていたという場合、なかなか本人の知恵では解決しにくいので救済してくれる人を探しましょう。
弁護士会の無料相談は期の新しい弁護士の勉強の場でもあります。費用がかからない分ベテラン弁護士はあまり出てきませんが、藁をもつかむ債務者にとっては地獄に仏でしょう。無料相談から有料の依頼に進む例も少なくありません。